皮膚科でお尻の黒ずみは治せる?

“人知れずお尻の黒ずみで悩んでいる人もいるかと思いますが、思いきって皮膚科の診察を受けてみるというのはどうでしょうか?ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、皮膚科で適切な治療を受けたほうが、早く悩みを解決することができますよ。

では皮膚科の診察を受けた場合、どんな治療が行われるのでしょうか?お尻の黒ずみで塗り薬が処方される場合は、ハイドロキノンやトレチノインといった薬が一般的です。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑え、座ると当たるお尻の下部にできた黒ずみに効果があります。トレチノインは肌のターンオーバーを促し、黒ずみの原因であるメラニン色素を取り除く効果があります。また飲み薬が処方される場合もあり、こちらはビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などがあります。いずれも抗酸化作用を持ち、体の中から黒ずみを解消してくれます。

また塗り薬や飲み薬と合わせて、ケミカルピーリングを行うこともあります。これは患部にピーリング剤を塗ることで古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを促し、塗り薬の効果を高める作用があります。ケミカルピーリングは肌の状態に合わせて、数回に分けて行われます。

ケミカルピーリングと同様に、患部にレーザーを当てて角質を除去する方法もあります。こちらも数回に分けて行う必要があり、塗り薬と併用することで効果を高めることができます。ただし、レーザー治療は保険の適用外なので、治療費が高くなってしまうデメリットがあります。